2019年09月17日

まるで近未来SF、AI搭載自動収穫ロボットが凄かった #自動収穫ロボット #WBS #人口知能 #AI #農家救済 #野菜価格高騰回避

2019年9月16日(月曜日)のWBSで紹介されたアスパラを自動収穫ロボットが
凄すぎたので調べてみました。本当、近未来のSF映画やSFアニメでみるような、
近未来農業の理想的な姿だと思いました。

以下の会社です

inaho株式会社
https://inaho.co/

上記サイトにもありますが自動収穫ロボットの動画は以下、

inaho株式会社 | 自動野菜収穫ロボットver2
https://youtu.be/ci4n_uRgSA0

以下のサイトみると

1.初期費用&メンテナンス費用、完全無料

ロボットは販売するのではなく、
初期投資&メンテナンス費用不要で

農家さんへロボットをお貸しします。

収穫高に応じて利用料をお支払いいただくので、
初期投資のリスクはありません。

https://inaho.co/service/

以下、WBSで紹介された内容が記事になっています。

野菜の価格が将来、下がるかも!? 「自動収穫」で農業を変える
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2019/020162.html


WBSの報道をみて、初めて知ったのですが
コンバインなどの機械で収穫できる稲刈りなどと違い、
トマト、キュウリなどの野菜の収穫は
最後は人手がどうしても必要らしい。

で、WBSや上記の動画であるように
アスパラもそうで収穫するとき、
成長が早いらしく、1日2回も、
人が腰をかがめながら収穫されていたのを

この自動収穫ロボットが解決していました。

「50%でもロボットで収穫してくれても本当助かる」

とアスパラの農家の方がいっておられて
ああ、これは素晴らしいなと思いました。


ぜひ、普及してほしいなあと思いました。

逆に、普及しないと
今後、農業はすでにかなり
高齢化が進んでいるため、

あと数年で、やる人が
少なくなりすぎて、
食べられなくなるかも・・
(少なくとも野菜が高騰しそう)


以下によると令和元年(平成30年)が

農家人口に占める高齢者(65歳以上)割合(%) 

43.5%

約半数が65歳以上・・・

ソースは以下
統計情報農林水産基本データ集農村の現状に関する統計
http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/12.html

本当に、国は、こういうIT、人工知能などで
人手不足を解消するところに
税金投入してほしい・・

人口知能らしいので、
サンプルデータをたくさん欲しいと思うし
普及しないと精度もあがらないと思うので
本当普及してほしい。

この会社が資金に困って
別の国に買収されないことを祈ります・・
posted by くど at 21:00| 福岡 ☀| Comment(0) | ロボット技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

FX脱税事例