2016年08月10日

【ポケモンGo:Lv21、ingress:L16(MAX) 熊本出身、福岡在住】ポケモンGoによる熊本 観光復興 具体案を考えてみた! #ポケモンGo #ingress

素晴らしいニュースがありました(↓)

■レアポケモンも出ちゃう? 『ポケモンGO』を使った観光復興に関する共同記者会リポート
http://app.famitsu.com/20160810_802522/

■「ポケモンGO」被災4県とコラボで観光復興へ レアポケモン出現も検討
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/10/news082.html

で、ポケモンGo:Lv21、ingress:L16(MAX) 熊本出身、福岡在住の私が考えました。

【案1】まだ、ポータル化されていない小さな公民館、市民センター、市役所など
    すべてポケストップ化する。
    理由:避難場所として行ける場所としてポケストップ化しておく
意義もあるかと思うため。
ingressなどでもできればポータルとしても生やしてもらえれば、
       避難ミッションなど作って近くの避難場所を事前に把握しておく
       意義もあると思うため。

【案2】道の駅をポケストップ化する。
    理由:都市部と違い、熊本は、移動手段が車であるため。
       駐車場のある道の駅をポケストップ化すると回遊性が生まれると思う。

【案3】エリア限定のポケモンを主要ポイントに配置し、できれば時間限定で発生させる。
    理由:くまモンをポケモン化、たとえば、9:00-18:00 車の通らない
       アーケード街などに発生させる。
       車の通らない場所、時間限定にすることで、商店街の
       オープン時間に人が集まり集客効果がいかんなく発揮され、
夜、徘徊されず迷惑もかかりにくいため。

現時点では周遊促進のためのルートマップの作成、
被災地で使えるスクラッチやクーポンなどの提供とありますが

それよりも、

大前提として、人が集まるポケストップとかレアポケモン発生場所には、できれば

    □水飲み場(夏場限定)
    □無料の充電場所
    □充電済モバイルバッテリーの販売
    □インスタグラム、ツィッターでSNS拡散を狙って
     撮影できる写真映えする看板(できれば英語など英訳付)

などを準備しておくと費用対効果高く、広告費として
全世界に拡散でき、外国人観光客も注目するかと思います。


他にも、いろいろあるかと思いますが、いかがでしょうか?
posted by くど at 19:02| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンGo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例