2006年10月30日

ソフトバンクの申し込み受付停止について

ソフトバンクでは、
10月28日、29日に発生した携帯電話番号ポータビリティ(MNP)に関する
申込みを含めた受付業務を停止してんですね。(↓)

緊急のお知らせ|ソフトバンク

顧客データを2重に管理していて
サーバーに負荷がかかったためらしい。

ありがちー!

まあ、通話料0円って、
番号ポータビリティ前日に
ソフトバンクの営業現場に
伝えられていては、
準備や予想のしようがないから、

どうやっても、無理だよなあ。

最初のサービスとは違い、
他社への通話も同じ価格にする

と宣言されていたのは、素晴らしい!!

早くドコモも通話料無料にしないかなあ・・・ほんとに
posted by くど at 23:09| 福岡 | Comment(6) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ、俺はauでいいけど。

世の中うまい話には裏があるよー。
値段だけ見てると痛い目にあうよー。

Posted by syzoo at 2006年10月31日 12:39
そうですね。
ワンセグ携帯買ったばかりなので
来年までは解約金がかかるので
システムも怪しいので
キャンペーン期間の来年1月までに
移動は無理かなと・・
もうちょっと様子見です。
だからDoCoMoの動向に期待・・
無理かもしれませんが・・
Posted by くど at 2006年10月31日 19:55
ソフトバンクの動向ではない。auが伸びてくれれば、docomoも対抗せざるおえないはず。ソフトバンクには消えてもらって2強が望ましい。まぁ実際そうなっているのだがね。
初戦はauの一人勝ち。これを受けて同動くか?現状静観、待ちが上策。
http://www.sanspo.com/sokuho/1030sokuho101.html

ソフトバンクの今回のトラブルはただの脱北阻止の国境封鎖ともっぱらの噂だぜ。だってアクセス過多になるのは普通予想するだろ。3倍程度のアクセスでダウンなんてありえん。予想外ではすまされない、通信企業としては信頼性に関わること。ドコモですら音声のトラフィックの増大する大晦日はダウンしたり制限するだろ?ソフトバンクはそういうのがしばらく毎日多発する恐れもあるぜ。今回の件からみても、yahooBBの時も、問題がおきるまではこの会社は動きそうに無い。

文集にもペテンと叩かれた今回のゼロゼロ詐欺は、公取委も聞き取りを始めた。頭金0で0表記が可能なら車だって家だって0表記も問題ないことになるだろうに。
ソフトバンクが改善指導うけても馬の耳に念仏だろうがね。役所の体質も良く知ってるだろうからね。しかし、こういうので本当に怖いのはユーザーの抱く会社への不信ということをソフトバンクがどこまで自覚しているのか?ということだ。口コミという形で僕の職場、彼女の職場はソフトバンク胡散臭いとなっていますがね。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/25546/
Posted by Hierro at 2006年10月31日 21:56
auが多いのか!
すげえ。

1月16日以降サービス継続しそうですね。
そうなると
『不当な二重価格表示』
これは、該当しそう。

本当に自分にとって本当に
料金安くなるのがわかりにくい・・
ペテンといわれても
仕方ないかもしれませんね。
Posted by くど at 2006年10月31日 22:13
今回の初戦は分母を考えるべき。
シェアの割合はドコモ56%au28%SoftBank16%といわれている。
とすれば、ドコモはまだカスリ傷にもなってない。対して恐らく2万は抜けたとされるソフトバンクの打撃は大きい。まだまだわから無い展開であることは間違いない。

つーか、料金に拘るなら自分の生活スタイルに合った会社を探すのが良かろう。家族まとめてはいるならドコモとauの差は少ないし、学生ならauだろうし、不安はあるが自分のまわりにソフトバンクが多いならその選択肢もあるはな。機種の強さはやはりドコモだろうし、ノキアが使えるのがいいならソフトバンクだろうし。通信とマニアックな楽しみならウィルコムだろうし。最近ウィルコム欲しい俺。 
Posted by Hierro at 2006年10月31日 23:16
ウィルコムいいねえ。
買おうかなと迷ってみてたんですが、
そこまで頻繁にメールとか
使わないのと、画面表示がなんか
へんな感じしたので止めました。
仕事で都市部で移動が多い場合
買ったほうがいいかなと思いました
Posted by くど at 2006年11月01日 06:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例