2011年12月14日

【スパイ映画を思い出した】小型カメラ内蔵のメガネで視界を共有する新システム

まだ、開発中、小型カメラ内蔵のメガネで視界を共有する新システム
災害現場と基地局を繋いだり視覚障害者のサポートにも用途があるとのこと。

■見た目が分かります:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_12393

メガネを通して、動画をコンピュータに送信。

今まで、小型カメラなどを手にもって送信しなくてはならなかったので
手がふさがっていた。それが手があくようになった。

しかも、メガネ骨伝導で、耳もふさがっていないので
災害現場などで、複数の現場などを把握することも可能になるらしい。

数万円程度になる見通しとのことで、
身近に広がるのも近いかも。

すごいなあ、自分は映画、ミッションインポッシブルを思い出しました。

用途としては、たとえば、訪問医療とかでも
経験のあるお医者さんが、現場のお医者さんがメガネかけて
診療できたりとか、他にもいろいろできそうで、
すごく、役に立ちそう。
posted by くど at 13:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例