2006年07月31日

●●全国瞬時警報システムをあなたはどう思いますか?

テレビのニュースでいっていましたが
2億円予算が組まれたらしい・・・。

多分これのことかな(↓)

全国瞬時警報システムの実証実験に伴う住民避難訓練について

このフローだと・・

「消防庁」がミサイルの標的にされたら、
一環の終わりですね・・。


もちろん、その場合の
裏の極秘のフローも、あるんですよね?きっと?・きっと・・
国民の命にかかわる事項ですからね・・・・ね?

こんな情報伝達のフローをインターネットで公開するのは
危機管理のためには、絶対に公開しないほうがいいと思うのだが・・・

敵国から見たら、効果的に攻撃と被害を与える方法を考えると思うし。

あと、いたずら(もしくは情報テロ)で
警報が誤報でされた日にはどうなるんだろう?

逃げる時間は考慮されているのでしょうか。
地震や津波と違って、ミサイルだとピンポイントだから

的にされたら、まず逃げれない

のでは?

大パニックになり、その場合の保障は?
国はしてくれるのだろうか。

しないだろうな・・・

前のブログにも書いたのですが、(↓)
★「発射状況についてはデータ分析中・・」

もう改善されているのかしら?

もっと、ミサイルで攻撃された後の体制を整えるとか。

●各地区別の救助コミュニティを作る
●ラジオなど情報通信手段を無償提供する
●ミサイルの弾道をずらす機器開発費に使う

など、いろいろ現実的な手段はあると思うのですが・・
そう思うのは自分だけ?

とにかく、これ以上、無駄な税金使わないでほしい・・・
posted by くど at 10:26| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例