2011年03月15日

【これは知っておきたい 節電の具体的方法】せっかくの機会なので効果的に節電する方法を考える【増補版】 - 家電Watch

東京電力のサービスエリア内では、4月末までは続くと思われるため。
うちは福岡ですが、全国的にもやらねば。

家庭内の消費電力の4割はエアコンと冷蔵庫なのか・・。照明器具も3位とでかい。

ピークシフトも大切。スイッチを入れる前に時刻を意識する必要があり、
いつがピークかというと、季節によって異なっており、今回の停電に関する
東京電力のリリースによれば、3月は調理器具が使われる18時〜19時がピークとなっている。
この時間に夕食の調理や照明器具の点灯などが行なわれるかららしい。

なるほど。

以下、かなり詳細記載あり。

■せっかくの機会なので効果的に節電する方法を考える【増補版】 - 家電Watch
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110315_432897.html

*抜粋

★結論

1)冷蔵庫など、電源を切らない電気製品は控えめな設定にする。
 必要がないときはできるだけ手を触れない
2)エアコンやホットカーペットなどの冷暖房器具は設定温度を控えめにし、できるだけ電源を切る。
 切り忘れるならタイマーを活用する
3)洗濯乾燥機や食洗機は、洗濯/洗浄機能だけ使って、乾燥機能を使わないようにする
4)照明器具は人が居る場所だけ使う。面倒ならばセンサー付器具に頼る
5)消費電力が大きな家電製品を使うときは、電力需要のピークを避ける

で、自分は、

控えめ設定完了、ホットカーペットはもう暖かくなったので使わない。
電源は元から切っている。照明は朝から昼は見える場合使わない。
夜使っても控えめに。
posted by くど at 07:12| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例