2010年11月17日

【クローキング】URL入力とGoogle検索経由とで違うページが表示される?……マカフィー、怪しげな挙動のサイトを注意喚起

ほぼ100%、普通、検索サイトから飛ぶからなあ。普通は、気づかないかも。
こんな怪しいサイトもあるのか。

*抜粋
このサイトは、URLを入力して直接アクセスすると、
通常(もしくは正式な)Webページが表示される。
ところがGoogle検索の結果経由でアクセスした場合は、
まったく異なる偽ブログが現れるという。

このようなWebページを実現する手法は、
一般に「クローキング」と呼ばれている。
:

このサイトには多数のリンクが含まれており、
悪質な広告が掲載されていたとのこと。
そしてブログを表示したままで、
リンクをクリックせずに数分間放置しておくと、
偽ページと入れ替わるように本来のWebページが表示される。

このサイトには、悪質なJavaScriptコードが暗号化して埋め込まれており、
それには隠ぺいされたサブディレクトリ内にあった別の「攻撃要素」へ
誘導するリンクが含まれていた。さらにグーグルの検索結果から、
現在80以上のサイトがこの攻撃の被害を受けていることも判明したという。
マカフィー製品では現在この攻撃を「Exploit-PHPBB.b」として検出している。

■URL入力とGoogle検索経由とで違うページが表示される?……マカフィー、怪しげな挙動のサイトを注意喚起
2010年11月12日(金) 17時58分
http://www.rbbtoday.com/article/2010/11/12/72010.html


posted by くど at 05:16| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例