2010年09月21日

【クリア後感想・批評】ヘイローリーチ(Halo: Reach)

★注意★ネタバレあり。難易度ノーマルで、
ヘイローリーチのクリア後の感想です。
評価:★★★★★(満点)

とにかく、ますます映画に近づいている
そんな感じがしました。今回の
ストーリーが、一番ドラマチックだったかも。

映画にしたら立派なポスターにできそうな
印象的なシーンも多々あります。

ヘイロー3ぶりのヘイローでしたが
絵がさらに綺麗に。

動きが滑らかになっている感じがしました。
おそらく、モーションキャプチャで
全部生身の人間の動きを取り込んでいるからでしょう。

難易度ノーマルでしたが、
ちょっと自分には難しいところがちらほら。

敵の動きが一定でなく、どうやらAIが搭載されているらしく
頭よくて、玉をうまくよけて一定の動きをしません。

面によっては、
全く敵と戦わず、とにかく先を急いで、
ミッションクリアを目指すところもありました。

銃弾の玉切れも
面によってはあって
苦戦しいられる場面も。

ヘイロー3までやっている自分が
プレイしていて

むちゃくちゃ難しいわけでもなく、
簡単過ぎず、少々難しい
絶妙なゲームバランスも

スゴい調整だなあと
本当プレイしていて感じました。

新しかったのは、

途中の宇宙船でのシューティングの面などは
マンネリ化しそうな銃撃戦のアクセントに
なっている感じもしました。

戦闘ヘリを操縦していく面もあります。
ただ、メインはやっぱり銃撃戦かな。

新要素のアビリティですが
自分は、あまり使いこなせてなかったかも。

それでもクリアはできるようになってます。

ベストなタイミングで
使いこなせたら、面クリアでは、かなり楽になりそう。

古くからあるものとしては

戦車、相変わらず強い。
動きは遅いですがとにかく大砲が強い。

レイスも強い・・。
玉にあたったら一発で
即死は変わらず。

スカラベは、相変わらず
カッコイイ。

武器では、サーベル、あいかわらず、つええ。
ランチャーも、つええ。

あとはヘイロー3に比べ、

微妙に武器の強さのバランスが
平均化されているような感じがします。微妙ですが。

敵は、コブナントとかのデザインが
初期のヘイローのときと比べ、
ちょっと緑がかってゴツくて、

いかにもプロトタイプみたいな感じがしました。

今回のストーリーの肝は、メンバー。

ほっといても、結構敵を倒してくれます。

心強いですが、ストーリーを進めていく
うちに一人また一人と倒れていき、

減っていくので非常に
プレイしていて心細くなりました。

でも、倒れていった仲間のために
目的を達成しなければならない
みたいな使命感もでてきたりして。

これものめり込ませる要素になっていたような気がします。

一人称視点での手持ちのカメラで
撮影しているかのような


リアルなカメラワークとかも今回印象的でした。

宇宙のシーンなどは
あきらかに実際の宇宙の映像を
模している
のがわかりました。

そういった細かな演出も
ゲームの中にのめり込ませる
要因になっているような感じがしました。

昔からヘイロー知っている人は、
連休など利用して、一気にクリアした人も
多かったのではないでしょうか。

しかし、ちょっと短かったかな・・

もうちょっと長くてもよし!
あと1.5倍あってもちょうどよかったです。

ただ最後がびっくり!!


こんな終わり方ありか・・


あとは対戦ですが、
まだやれていないので対戦が楽しみ。

ゲームバランスも微妙に調整されていて
こんなゲーム出されたら、ほかの
ゲームメーカーの追随は、厳しいのではないでしょうか。

しかし、流石です。

■Halo: Reach
http://www.xbox.com/ja-JP/games/splash/h/haloreach/
posted by くど at 21:36| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例