2010年07月06日

【不況】就職留年7万9000人、大卒予定7人に1人

卒業年限を迎えながら留年する学生が全国の大学で
少なくとも7万9000人いると推計されることが、
読売新聞の「大学の実力」調査で明らかになったとのこと。

■就職留年7万9000人、大卒予定7人に1人
7月6日3時8分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00001273-yom-soci

*抜粋
「大学の実力」調査は、全国の国公私立4年制大学(通信制などを除く)
735校を対象に2年前から実施。3回目の今年は、
就職支援の取り組みを中心に卒業者数や就職者数など約50項目を尋ね、
約80%の589校が回答。

国の調査では、約3万1000人が、就職が決まらないまま卒業。
今回、明らかになった留年者約7万9000人を合わせると
就職浪人は約11万人となり、その分、就職戦線が激化している計算。

う、大学でこれだけいたら、高卒はもっと・・
むちゃくちゃ、厳しい・・
posted by くど at 07:56| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例