2010年04月17日

【こんな問題があるのか】人事の2010年問題

なるほど、こんな問題があるのか。

*抜粋

2010年には団塊世代の大量退職が完了する一方で、
授業時間や学習内容が少ない、いわゆる「ゆとり教育」を
中学時代から受けた“ゆとり第一世代”が
はじめて新卒社員として入社。

彼らの基礎的な能力への不信感から、世代交代が
組織の劣化につながりかねないとの指摘があり、
これを「人事の2010年問題」と呼ぶ。(2010/2/15掲載)


■人事の2010年問題
http://jinjibu.jp/GuestDctnr/dtl/259/


また、製薬にも、
2010年前後に主力薬の特許が相次いで切れるという問題も。


■製薬業界(1) 大手悩ます2010年問題
2010年3月31日11時5分
http://www.asahi.com/business/topics/keizainavi/TKY201003300273.html

■「2010年問題」が起きつつあるそうだ。
http://www.kahoku.co.jp/column/khksyou/20100409_01.htm
posted by くど at 10:11| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例