2010年03月31日

【とうとうここまでデフレがきた】酒とタバコがタダの居酒屋

その名は「居酒屋革命」。現在、東京都の
大山店と新宿店の2店舗、夏までに大阪や
吉祥寺などに10店舗を出す予定らしい。

福岡にも、進出しないのかな

■マジかよ!! 酒とタバコがタダの居酒屋
2010年03月30日 14時30分
http://npn.co.jp/article/detail/74991451/

●居酒屋革命
http://www.izakaku.com/

なんか上記、リンクがないので

●居酒屋革命 新宿本店
http://www.izakaku.com/shop/shop2/index.html
posted by くど at 09:21| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■マジかよ!! 酒とタバコがタダの居酒屋―消費者はただ安いだけではなく、変化を求めている!!
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。最近、焼酎がタダの居酒屋「革命」が話題です。飲食不況といわれながら、この店は連日大混雑だそうです。この話題で、ドラッカーの次の言葉を思い出してしまいました。「マーケティングばかりやって、イノベーションを行なわない企業は、ブローカーが何も益を生み出さないブローカーのようだ。企業には、イノベーションが必要だ」「管理者というものは、成果をあげるためには、成長するか変化するしかない」。まさしく、その通りだと思います。最近だと、「顧客ニーズ、顧客ニーズ」とばかりいっているところは、のきなみ駄目です。この居酒屋の名称「革命」というのがすごいです。焼酎をタダにしても儲かるシステムを築いているのだと思います。でも、焼酎ただというのも、3年もたてば陳腐化します。しかし、この居酒屋「革命」というくらいですから、次から次へと革命を起こしていくつもりなのだと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2010年04月02日 13:43
コメントありがとうございます。以前にも書き込みいただいた記憶が・・。3年といわず、半年とかで見直していかないと厳しいかと個人的には思います。
Posted by くど at 2010年04月02日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例