2009年11月30日

【円高・株安のこんな時代の参考記事】過小評価されがちな「うつ病」の怖さ〜うつの経済的損失〜

こんな時代なので、こんな記事を見つけました。

うつ病が社会全体にもたらす
経済的損失はどのくらいか、
というのが数値で表されています。(↓)

うつ病のリスク・治療法
●過小評価されがちな「うつ病」の怖さ
http://allabout.co.jp/gm/gc/3120/

うつ病による社会全体に対する経済的損失は
全疾患のうち、6.8%を占め、虚血性心疾患についで
なんと、第2位!


さらに関連記事で

うつ病のリスク・治療法
●うつ病が招くからだの病気
http://allabout.co.jp/gm/gc/3124/


*抜粋

* 高血圧
* 高コレステロール
* 心臓の拍動リズムの変化
* 血液凝固系の異常 (血液がドロドロしやすい)
* 免疫機能 (体を細菌やウイルスなどの外敵から守る働き) の低下
* 高血糖

また、うつになったときに見られがちな生活習慣の変化には

* 喫煙の増加
* 飲酒の増量
* 栄養の偏り (高カロリー、高脂肪の食品に偏りやすい)
* 運動不足

というか普通に
なりがちなのが多数・・

以下は以前紹介しましたが

●あなたの心は健康? セルフチェックリスト
http://allabout.co.jp/gm/gc/1383/


一部抜粋 心の病気の主な種類

*気分障害……気分が落ち込むうつ病など

*不安障害……初対面の人と会う時などに不安感が強まり、
顔面紅潮、動悸、発汗といった症状が特徴的な対人恐怖症など

*思考障害……他人が自分に悪だくみをしているなど、
妄想が中心的な症状である妄想性障害や現実と非現実の境界を
見失ってしまう症状(妄想、幻覚など)が特徴的な統合失調症など

なるほど、うつでなくても
そのほかの症状がでることもあるのですね。

チェックリストは上記サイトで。

仕事などのストレスで、精神的に追い込まれていくと
チェックリストに当てはまる項目が増えるのがよくわかります。
posted by くど at 05:46| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例