2009年11月30日

【興味深い研究結果】存在重要「怠けアリ」…「働きアリ」だけだと集団破滅

働きアリを「よく働くアリ」
「ほとんど働かないアリ」に分けて、

それぞれの集団(コロニー)を作り直しても、

一定の割合で「働き者」「怠け者」に分かれることが
北海道大学の長谷川英祐(えいすけ)准教授(進化生物学)らの
研究でわかったとのこと。

■存在重要「怠けアリ」…「働きアリ」だけだと集団破滅
(2009年11月28日13時59分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091128-OYT1T00427.htm


他の例でも、起こりえるのかなあ・・
以下のような法則は聞いたことがあるが・・

●パレートの法則
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

●2:6:2の法則
http://www.pressure-point.info/marketing/262.html

posted by くど at 05:10| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例