2009年05月05日

第2波の流行が起きて、世界で約4000万人が死亡

1918年のスペイン風邪のケースでは、

春に新型ウイルスの感染が始まって
夏にいったん収まったものの、

8月に入って第2波の流行が起きて
世界で約4000万人が死亡したそうな
(↓)

■新型インフル、いったん収束後にパンデミックの恐れも
5月5日13時14分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000428-reu-int

今後も要注意必要だな・・

プラズマクラスター買えるよう金貯めねば・・
posted by くど at 19:57| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例