2008年12月27日

【個人的】 合計16の風邪の予防と対策

すごく寒くなってきて、咳が止まらない風邪(?)に
かかってしまっているので、反省と今後の予防の意味を込めてまとめました。

■風邪の予防と対策

・□うがい
→当たり前ですが、この頻度を高くしたほうがよいと思いました。
朝起き時、出社後会社到着時、昼食前、退社時、帰宅時など

・□手洗い(手洗いは速乾性のアルコール消毒を使用)
→手が荒れやすいので、速乾性のアルコール消毒を使用。
また、下痢嘔吐症が流行った時期はで、携帯用も常備しました。

・□マスク着用
→風邪引いてからも、予防も含めて、必須。
薬局いったら、今いろんな種類のマスクがあるので
お金がある方は、高いいいマスクとかいいかも。
自分はお徳用のマスクを使用。

・□マフラー着用
→意外と首周りが寒い!
タオルとかを巻くのも効果的。

・□ニット帽着用
→短く散髪したあとは効果的。
寝るときも効果的だと痛感しました。
起きたときは外れてますが。

・□寒くなったら、すぐ厚着
→この時期を誤ったので、風邪を引いた可能性があり。
寒くなっているにもかかわらず、
仕事着と普段着が非常に薄着でさらに、
理由があって頭短くを散髪して、仕事が忙しくなって
風邪に(うがい手洗いは徹底してた・・)
今は、まだ、咳がでているので、上に9枚も着ています。
非常に効果的だったのは、靴下2枚。足がぜんぜん冷えません。
できれば、ユニクロのヒートテックが欲しいがまだ入手できず。

・□寒くなったら、すぐ加湿器
→これが咳には一番重要かも。どうも乾燥して寒さが厳しくなったとき
肺が痛くなるような咳がでているため。
咳が出る前に、早く買うか出すべきだったと非常に後悔。
自宅にいるときは、寝るときも含め、常に起動中。

・□寒くなったら、すぐ暖房
→これも、加湿器と同じ時期に一緒に使用開始すべき。
ハロゲンヒーターがあったの忘れてまして、出すの忘れてました。

・□ひざかけを持っていく
→意外と厚着にするとひざとか腿(もも)が寒いことがあるので
ひざかけとかを持っていったほうがいいです。

・□極力、外出を避ける
→乾燥していて、いろんな菌がまってそうなので。

・□風呂上りに注意
→冷えないようにしないと駄目です。

・□病気になったときの時間と経費を考える
→風邪になって、会社休むといくら給料が減るのか等計算すると
病気の予防やかかったあとの治療費にかける
お金や時間が見えてくるかも。

それよりも常に体を健康に保つ運動とかを
しているかがことが重要ですが・・

で、上記はもちろん、風邪になった今やっているのは

・□薬を飲む
→常備薬の新ルルを自分は服用。あまり効かず・・

・□ビタミンCと水分を多く摂取して休む
→C1000タケダのとろ〜りまろやかゆずHOT
という粉末をお湯を注いで、寝る前とか飲んでいます。
【商品紹介】C1000 ビタミンレモンホット 4袋入り
https://www.house-wf.co.jp/products/pickup.htm?CD=020583
さらにハチミツを入れています。

・□マスクをして寝る
→のどの乾燥が和らぐような気がします。デメリットとして
風邪が長引くと、耳の上の付け根が擦れて、痛くなります。
眼鏡着用していて、安いマスクだからかもしれませんが。

・□消化がよく暖かいものを摂取
→あたたかい、汁物などを摂取しました。おでんとかも。

これを12月頭くらいから意識して実践していれば
ここまでひどくならなかったかもと反省しております。

ニュースでいってましたが、マスクが
すごく売れているそうです・・来年花粉症もすごいらしい
posted by くど at 10:01| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例