2008年07月26日

【地デジ記事紹介】地上デジタルテレビ買う前のあなたに!地デジの知っておきたいこと!

北京オリンピックがもうすぐなので、
地上デジタル放送ネタ。

もう、自分のテレビはデジテルテレビ(しかも、42型プラズマ)なんで、高画質で非常に気に入っていますが、

一応、地上デジタル放送というカテゴリを作っているので・・

【特別企画】地上デジタル完全移行まであと3年“地デジの基本”と“今できるデジタル移行準備”
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080725/dpa.htm?ref=rss

自分はアパートでCATVだったので以下にあてはまりました。

*抜粋
さらに、自宅がCATVに加入している場合。CATV局の多くがデジタル対応を進めており、地上デジタル放送をそのまま視聴できるパススルー方式が採用されている事も多い。こうした家屋/マンションなどでは、アンテナを別途設置することなく、地デジ対応テレビなどを家庭内のアンテナ端子に接続するだけで、地デジを視聴できるはずだ。


デジタルテレビ購入前に、
住宅会社やそこが入っているケーブルテレビ会社に
直接電話して確認
しました。

ある程度、アポートが新しかったので
ほぼ、確実に映ることが確認できたので買いましたが、
わからない場合は、買わなかったかもしれません。

たとえば、

うちの実家の古い家では、
UHFアンテナだったのですが、
アンテナも古く、家に配線されている
同軸ケーブルも古かったため、

アンテナとケーブルを
全て、新しいものに取り替えてもらいました。
たまたま、近くの小さな
いつもお世話になっている電器屋さんがいたらしく、
そこで、最終的にテレビも購入して
ブロックノイズもでず、問題なく視聴できています。

アンテナや、ケーブルが古いままの場合、
ブロックノイズとか特定のチャンネルが
視聴できない場合があったでしょう。

失敗例として、
古いアパートに住んでいたが、
事前確認せずに、
地上デジタル放送対応の
液晶テレビを買ったあと設定しても、
特定のチャンネルが見れないことが判明。

どうやらアパートが古すぎるため見れないらしく、
しかも、大家さんがおばちゃんで地デジのことなど、
よくわからない(お金もない?)ため、
どうしようもなく、泣き寝入りされています。

地上デジタル放送の塔は、
すぐ近くにあり、電波は問題なし。
(遮蔽物はどうかわかりませんが・・)

電波はあるので、
ワンセグ携帯とかワンセグ機器で見る
という手段もありますが
ちょっと自宅で見るのは悲しすぎる・・・。
ニュースやデータ放送を確認するだけが
テレビ視聴の目的ならいいですが・・。

他の地デジみる方法としては、

記事にあるように、

地デジの電波がどうしても届かない
地域にお住まいなどの場合、光に入っている方は、
デジタル放送の再送信というものが
スタートしているようなので、
そちらも、調べてみるのも手かもしれません。
(実際、画質などどうなのかよくわかりませんが・・)

あくまで参考として
福岡では以下の地デジみたみたマップが参考になるかも

■地デジみたみたマップ
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/digital/area.html
(*福岡タワーが地上デジタル放送の電波塔です。)


お金ない方は、
安い単体のデジタルチューナーもありますが、

地上デジタル放送は、
高画質が売りなので、

2011年7月放送終了前までに、

お金を少しずつでも貯めて、
高画質で視聴できるプラズマテレビとかを
買ったほうが、いいかと個人的には、思います。

また、Xbox360など
動きの早いゲームをする方は、
個人的には絶対、プラズマテレビがオススメです!!

動画が液晶だとどうしても劣ってしまうので。
(一応、最近はゲームモードなど
ありますがプラズマには劣ります。現時点では。)

ただ、プラズマは、出す熱がすごいので
絶対、エアコンつきの部屋でやる必要があります。

しかし、価格無茶苦茶下がってます、テレビ・・・

前のテレビの自分の記事みてたら、
2年で、価格が半分以下になってる・・
posted by くど at 11:56| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上デジタル放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
FX脱税事例