2012年08月25日

【WBSで紹介】ウルトラ保冷剤 アイ・ティ・イー株式会社のアイスバッテリーが実用的!

一定温度(−25℃〜25℃の任意の温度)で、冷却/冷凍が可能な保冷剤。

これまでの冷凍冷蔵トラックを使った運搬方法では、
生鮮品などを運搬する際の温度保持に専用の断熱材や
コンプレッサが必須。

また、冷凍冷蔵トラックの燃料費は、通常のトラックに比べると
約35%コスト高。

一般トラックの使用は環境に配慮するだけでなく、
コスト面でも冷凍冷蔵トラックより
およそ50% の削減を実現。

物流コストの大幅な削減が可能。

・アイスバッテリーシステムとは?(↓)
■アイ・ティ・イー株式会社−Innovation thru Energy Co Ltd.
http://www.ithrue.com/jp/products_japanese.php

・IBシステムとドライアイスの比較(↓)
■アイ・ティ・イー株式会社−Innovation thru Energy Co Ltd.
http://www.ithrue.com/jp/competition_japanese.php

■アイ・ティ・イー株式会社−Innovation thru Energy Co Ltd.
http://www.ithrue.com/jp/aboutus_japanese.php

すでに、けっこう、いろんなところで導入されているんですね、これ、すごいなあ・・
posted by くど at 09:40| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【WBSで紹介こんな空調の節電方法も】JFEエンジニアリング ネオホワイトで、建物全体のピーク時使用電力を最大10%程度削減!

7℃程度の温度で固体化するため、0度で固体化する
水より効率がよい!なるほど!

*抜粋
ネオホワイト:7℃程度の温度で固体化しその際に
水の2倍の冷たさを蓄えるという優れた蓄冷性を持っていて、

「ネオホワイト蓄熱空調」は、ネオホワイト溶液を熱媒体とする空調システムで
水の2倍以上の蓄冷ができ、夜間に蓄えた冷熱を放出することで
冷凍機などの機器の昼間消費電力を低減。

建物全体のピーク時使用電力を最大10%程度削減できる
省電力効果の高い新空調システムとして、すでに各地で実用化。

■2012年 | ニュース|JFEエンジニアリング 株式会社
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2012/20120423.html

■ネオホワイト蓄冷空調システム|JFEエンジニアリング 株式会社
http://www.jfe-eng.co.jp/products/energy/air_conditioning/air02.html


いろんな節電方法があるんですね・・。
posted by くど at 09:24| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日のツイート

kudo2008 / kudo2008
【ブログ更新】『2012年08月23日のツイート』くどのブログ 2006-2012|http://t.co/QlH9p0A5 at 08/24 00:01
posted by くど at 00:01| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

2012年08月23日のツイート

kudo2008 / kudo2008
【ブログ更新】『【九州も・・】関電、九電が値上げ検討=原発停止で債務超過懸念−経産省、財務調査実施へ (2012/08/22-18:56)』くどのブログ 2006-2012|http://t.co/S2UZcs6i at 08/23 08:41
posted by くど at 00:01| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

【九州も・・】関電、九電が値上げ検討=原発停止で債務超過懸念−経産省、財務調査実施へ (2012/08/22-18:56)

うーん・・・

■時事ドットコム:関電、九電が値上げ検討=原発停止で債務超過懸念−経産省、財務調査実施へ (2012/08/22-18:56)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012082200779
posted by くど at 08:41| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX脱税事例